リブドッグの賞味期限はどれくらい?

リブドッグは安全性も高く、使用している素材もヒューマングレードとなっているので安心して与えられるのが魅力的なドッグフードとなっていますが、いつまでも安心して与えられるというわけではありません。ドッグフードは食べ物ですので賞味期限や消費期限があります。

 

リブドッグの賞味期限や消費期限はどのくらいが目安なのかについて紹介する前に簡単に賞味期限と消費期限の違いを簡単に確認しておきましょう。

 

一般的に賞味期限は美味しく食べられる期間、消費期限は安全に食べられる期間となっています。ですので、賞味期限は切れていても食品自体に問題はないのですが、消費期限が切れてしまうと食べた場合に体調を崩してしまう可能性がありますから、注意しましょうね。

 

リブドッグについて調べてみると消費期限が製造から1年ということになっていました。

 

だいたいのドッグフードが製造後1年が消費期限となっているので、一般的なドッグフードと変わらないと思います。ただ、製造後1年が消費期限というのは開封前の状態の場合

 

開封後は1か月後以内に食べきることがおすすめされていますから、開封後は1ヶ月以内に食べるようにしましょうね。なるべく早く食べた方が賞味期限も気にすることがありませんから、開封後はなるべく早く食べるということを意識しておくといいでしょう。

ドッグフードの保存方法はどうしたらいい?

リブドッグは未開封の場合は製造後1年、開封後は1ヶ月以内に食べきることがおすすめされていますが、開封後は酸素に触れてどんどん酸化してしまうのでなるべく空気に触れさせないように保存しておく必要があります。

 

そこで大事になってくるのが開封した後のドッグフードの保存方法。

 

多くの飼い主さんが、開封したらそのままの状態で保存しています。なるべく空気に触れさせないようにするためにパッケージの開け口部分を丸めたり、織り込んだりすることはあるかもしれませんが、それでも空気には触れてしまうのであまり効果的な保存方法とは言えません。

 

ドッグフードの保存方法としては食品専用の保存容器を使うことをおすすめします。

 

しっかりと密閉することができれば空気に触れて酸化する心配がありませんし、ニオイ移りをすることも防げますから、ドッグフード専用の保存容器を用意しておくのがおすすめですよ。

 

また、もし手間がかかるのを惜しまないのであれば、ジップロックのような保存袋を100均などで買いそろえておくと、小分けに保存することができるので、あらかじめ一日に与える量を準備することができて便利ですよ。

 

リブドッグは粒も小粒ですし、そんなに場所を取らないのが魅力的ですから、この小分けの保存方法はおすすめですね。

 

そして、ドッグフードを保存するときの方法ですが、風通しがよく直射日光が当たらない場所で保存するようにしましょう。空気がこもってしまう場所だとドッグフードにカビが生えてしまうことがありますし、直射日光に当たると品質が下がってしまいますからやめておきましょう。

 

ドッグフードは冷蔵庫に保存することもできますが、何度も冷蔵庫のドアを開け閉めしていると水分がついていまうこともあって、品質が劣化してしまうこともありますから、冷蔵庫よりは風通しの良い冷暗所で保存することをおすすめします。

 

冷蔵庫に保存する場合、間違って食べてしまうこともあるのでそういったことを防ぐ意味でも冷蔵庫には人間が食べるものだけを入れておいた方がいいでしょう。

 

ただ、リブドッグの場合はヒューマングレードなので人間が食べても問題はないので安心ではありますが。

 

保存するときは空気に触れないようにすること、風通しの良い冷暗所で保存することを意識してみてください。そして、なるべく早く食べきることを意識してくださいね。そうすればリブドッグを美味しく愛犬に食べてもらうことができますよ。